メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上州路からリオへ

元日号砲・ニューイヤー駅伝/下 宇賀地強(28)=コニカミノルタ

前回大会、コニカミノルタの4区・設楽(左)からたすきを受ける5区の宇賀地=竹内幹撮影

リベンジ誓う絶対エース 宇賀地強(うがち・つよし)(28)

 屈辱だった。前回のニューイヤー駅伝。4秒差ながら首位でたすきを受けた5区で、日清食品グループとトヨタ自動車に先頭争いに持ち込まれ、ラストスパート合戦で振り切られた。チームはその後も巻き返せず、3連覇を逃して2位。「私の走りが直接の敗因となった」。責任をすべて背負い込む言葉は、絶対的エースのプライドの裏返しでもある。

 日本屈指のスピードランナーだ。2013年世界選手権(モスクワ)は1万メートルで代表になり、日本勢ト…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです