米国

ラマディ制圧に祝意 IS掃討作戦、実効性を強調

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
イラク西部アンバル県の県都ラマディ
イラク西部アンバル県の県都ラマディ

 【ワシントン西田進一郎】過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦を主導する米政府は28日、イラク政府軍などが西部アンバル県の県都ラマディ中心部をほぼ制圧したことに祝意を表明した。米国内では掃討作戦の効果を巡って懐疑的な意見が根強い。米政府は作戦の実効性を強調し、他のIS支配地域の奪還に向けた勢いにつなげたい考えだ。

 カーター国防長官は声明で、「残忍な集団を打ち負かし、イラクの領土主権を回復する作戦における重要な前進だ」と評価。有志国連合による空爆や訓練支援の下、有能で士気の高い地元部隊がいかにISを打ち負かすことができるかを証明したと称賛した。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文633文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集