メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

浪曲の隆盛のため孤軍奮闘 国本武春さんをしのぶ

くいだおれ太郎(左)と共演する浪曲師の国本武春さん=大阪市中央区道頓堀の中座くいだおれビルで2010年8月5日午後8時58分、竹内紀臣撮影

 「うなりやベベンさんが……」「サクラ大戦(歌謡ショウ)の(東中軒)雲国斉さんだ……」

 国本武春さん急逝の一報が流れると、ツイッターには、浪曲とは縁遠かった若い人からメッセージが相次いだ。

 「うなりやベベン」はNHKのEテレで放送中の「にほんごであそぼ」で武春さんが演じてきた。武春さんの一番弟子という設定で、浪曲師ではなく、子どもたちに日本語を楽しく伝えようと、三味線をはじき、大声でうなるキャラクターだ。「サクラ大戦・歌謡ショウ」は、人気ゲームソフト「サクラ大戦」の声優が、その役で登場するミュージカル仕立ての公演。東中軒雲国斉の役名は、浪曲界の大看板・桃中軒雲右衛門と、立川談志さんが「戒名に」と生前自ら名付けた雲黒斎から取ったのだろうか。

 武春さんは、かつての隆盛に比べて元気が足りない浪曲界を盛り上げようと、まさに孤軍奮闘を続けてきた。

この記事は有料記事です。

残り1567文字(全文1940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです