メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症

相談場所知らない34.1%、身近に患者いない68.2% 県政世論調査 /茨城

「関心の低さ表れ、理解深める取り組み推進」

 県は、今年度の県政世論調査の結果を公表した。認知症関連の質問では、34・1%が「どこに相談したら良いか知らない」と回答。身近に患者がいるかどうかも「いない」が68・2%に上った。県は「関心の低さが表れており、理解を深めるための取り組みをしていきたい」としている。

 高齢化社会の進展などを踏まえ、認知症の質問を今回初めて設定した。知っている相談先(複数回答)は「市…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文901文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 仮面ライダー 令和初は「ゼロワン」 AIがテーマ “青年社長”が変身!
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです