メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

舞鶴、非運の敗退 攻めきれず同点で抽選 /大分

 第95回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)は30日、県代表の大分舞鶴が2回戦に臨み、関商工(岐阜)と東大阪市花園ラグビー場第2グラウンドで対戦した。舞鶴は0−7と先行されて前半を折り返すと、後半の3分と5分に立て続けにトライを成功させて逆転。その後も一進一退の攻防の末、19−19で引き分けた。両校が抽選した結果、舞鶴は敗退が決まり、惜しくも3回戦進出を逃した。【安部志帆子】

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  3. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  4. 東京都内で新たに280人台の感染者 過去最多

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです