メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2015年の重大ニュース

批判の中、安保法成立/花のパリ、テロの標的(その2止)

 <ニュースで振り返る2015年>

花のパリ、テロの標的 週刊紙襲撃/同時多発

 パリの週刊紙「シャルリーエブド」本社を1月、武装した兄弟が襲撃し、風刺画家ら12人が死亡した。兄弟はパリ郊外の印刷所に立てこもり、特殊部隊に射殺された。また、連動する形でパリのユダヤ教徒向けスーパーに別の男が立てこもり、人質4人が死亡、男は特殊部隊に射殺された。週刊紙襲撃事件では国際テロ組織アルカイダ系の過激派組織が犯行声明を出した。

 容疑者の3人は旧仏植民地からの移民2世で、貧しい移民集住地域の出身だった。仏社会の移民統合の失敗や…

この記事は有料記事です。

残り8248文字(全文8505文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです