メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー

線路男性救おうとして死亡 映画完成へ

「夢に向かって学ぶ日本語学校生の輝く瞳は息子と同じ」というイ・スヒョンさんの両親=ミューズの里「かけはし」制作委員会提供

 JR新大久保駅(東京都新宿区)で2001年1月、線路に転落した男性を救おうとして死亡した韓国人の日本語学校生、李秀賢(イスヒョン)さん(当時26歳)の人となりや、両親に寄せられた見舞金を基にできた奨学金を受けた留学生たちの今を追ったドキュメンタリー映画が、間もなく完成する。タイトルは「かけはし」。誰でも国籍や民族を超えて心と心の懸け橋になれるという思いが込められている。

 事故後、李さんの両親には全国から見舞金が寄せられ、両親は李さんと同じように日本語学校で学ぶアジアか…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文853文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止
  2. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 土砂崩れ、川の大部分せき止められ水田に水あふれ出る 山形・鶴岡 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです