メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脱線事故

普通列車が砂利に乗り上げ JR四国高徳線

 31日正午ごろ、香川県さぬき市志度のJR四国オレンジタウン駅構内で、JR高徳線の徳島発高松行き普通列車(1両)が側線に進入、砂利に乗り上げて脱線した。乗客、乗員計46人にけがはなかった。JR四国によると、男性運転士(54)が誤って赤信号で発車したため、側線に自動誘導されたが、ブレーキが間に合わず脱線したとみられる。運輸安全委員会は鉄道事故調査官2人を現場に派遣し、事故原因を調べる。

 JR四国によると、男性運転士が同駅で乗客を乗降させた後、赤信号のまま発車。現場は単線で反対側から列…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文501文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. ザギトワ選手おとがめなし 無免許運転の捜査終了
  3. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  4. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  5. 元関脇の安美錦引退 関取最年長40歳 貴乃花から最後の金星

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです