東証

大納会、終値1万9033円 19年ぶりの高水準

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京証券取引所の大納会で手締めをする参加者たち=東京都中央区で2015年12月30日午後3時12分、小出洋平撮影
東京証券取引所の大納会で手締めをする参加者たち=東京都中央区で2015年12月30日午後3時12分、小出洋平撮影

 今年最後の取引日となる大納会を迎えた30日の東京株式市場は、日経平均株価の終値が1万9033円71銭となり、昨年末終値と比べて1582円94銭(9.1%)上昇して、2012年から4年連続で前年の終値を上回った。4年連続の上昇は03〜06年以来。また、年末の終値としては1996年以来19年ぶりの高水準となった。

 この日の日経平均株価は、前日の米株高を受けて3日連続で上昇した。終値は前日比51円48銭高となり、約2週間ぶりに1万9000円台を回復した。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文615文字)

あわせて読みたい

注目の特集