メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

ウクライナとのFTA、1日に発効

 欧州連合(EU)とウクライナは自由貿易協定(FTA)を1月1日に発効させる。ロシアは、ウクライナの親欧米化を象徴する動きとして反発を強めており、ウクライナからの食品禁輸などの対抗措置を取る。ロシアとウクライナの関係は、さらに悪化しそうだ。

 ウクライナはEUとの間で関係を深化させる「連合協定」に昨年署名し、11月に政治分野の条項を発効させた。FTAを含む通商関係条項についてはロシアに配慮して発効させないまま、EU、ウクライナ、ロシアの3者協議を続けてきたが、今月21日に決裂した。

 ロシア側は、ウクライナのロシア離れと親欧米化を象徴するものとして連合協定に反発。プーチン大統領は今月中旬、ウクライナとの間で2011年から部分的に続いてきた自由貿易体制を1月1日から停止する大統領令を出した。ウクライナ経由でEU産品が無関税で流入することを阻止する構えだ。露政府は同時にウクライナからの食品禁輸措置も導入する。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 視聴室 新番組・俺の家の話

  3. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです