メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2016年「山の日」誕生

「登山らしい登山」も可能 日本勤労者山岳連盟前会長・守屋益男さん /岡山

日本勤労者山岳連盟前会長守屋益男さん

 岡山の山の特徴は?−−。日本勤労者山岳連盟の前会長で、60年近い登山歴を持つ守屋益男さん(80)=中区=に県内の山の魅力を聞いた。

 県内には目立って高い山こそありませんが、標高1344メートルの最高峰、後山(美作市)をはじめ、1000メートルを超える山が約50あり、実は「登山らしい登山」が楽しめます。

 県北では雪が溶け、桜が咲き出す4月ごろからがシーズンとなります。那岐山や泉山など標高の高い山が多く、開けた山頂から大山(鳥取県)など周辺の名峰を望むこともできます。天気が良ければ、南方の瀬戸内海が見えることもあり、眺望の美しさに感動するでしょう。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  2. 大阪都構想反対の市民団体が発足 自民や立憲との連携も模索

  3. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  4. 「幻の橋」美しいアーチ見納め? 損傷進むタウシュベツ川橋梁 旧国鉄士幌線

  5. 滋賀のアイドル「フルーレット」が30日解散 コロナで延期の卒業ライブ中止 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです