メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

43チーム、きょう号砲 「五輪イヤーに感動を」

開会式で選手宣誓するトヨタ自動車の大石港与主将=前橋市で2015年12月31日、猪飼健史撮影

 元日に前橋市の群馬県庁を発着点に行われる「ニューイヤー駅伝2016inぐんま 第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)の開会式が31日、前橋市内で行われた。2連覇を目指すトヨタ自動車の大石港与(みなと)主将が「16年五輪イヤーの幕開けに日本中に元気と感動、そしてリオデジャネイロ五輪への希望と東京五輪開催への期待を届けることができるよう最後まで力強く精いっぱいの走りをする」と選手宣誓した。

 今回は60回目の記念大会のため、出場枠が前回より6チーム増加。43チームが7区間計100・0キロで…

この記事は有料記事です。

残り3120文字(全文3399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  2. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. 最後のセンター試験、開始 志願者55万人 21年から大学入学共通テストに

  5. 墜落の737MAX、ソフトにまた不具合 運航再開遅れる可能性 ボーイング公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです