メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄道

未来開く鉄の力 懐かし車両「第二の人生」

JR東海からミャンマーへ譲渡されたディーゼルカー。廃車予定だったが、昨年3月に譲渡が決まった=ヤンゴン中央駅で2015年11月、竹内紀臣撮影

 140年余の歴史を誇る日本の鉄道は、列車本数の多さや遅延の少なさ、安全性の3点において世界的にみても優れていることで知られる。その先進性は海外でも注目され、政府も積極的なインフラ輸出に乗り出しているほか、風光明媚(めいび)な地方を走る列車は海外からの観光客にも人気で、「クールジャパン」の代名詞のひとつにもなっている。都市で地方で海外で。「鉄の力」が、地域を支える力の源泉となっている。

 成長戦略の一環として、政府は鉄道車両の海外輸出を積極的に進めている。年10億ドル台で推移してきた日本メーカーからの輸出額は2013年度に33億ドルへ急増、14年度も28億ドルに上ったが、一方で格安の中古車両の譲渡も盛んだ。日本の鉄道会社の保守管理の良さが評価されていることが、その背景にある。

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 金沢市長、新型肺炎対策での休校「2日からは考えていない」「時間がない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです