メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

SUBARU無念の25位 若手に課題、世代交代進まず /群馬

25位でフィニッシュするSUBARUの塩川雄也選手=前橋市で

 1日に開かれたニューイヤー駅伝2016inぐんま「第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、県共催)で、県勢のSUBARUは前半の遅れを取り戻せず、25位だった。チームの「世代交代」が進まず、状態が万全でない中堅・ベテラン選手を起用。奥谷亘監督は「ベテランを押しのける若手が出てこないのが現状。もっと戦う集団に変えないといけない」と再起を誓った。【山本有紀、尾崎修二】

 ニューイヤー駅伝は県庁前を発着点に、7区間、計100キロのコースで行われる。3年ぶりの8位入賞に向…

この記事は有料記事です。

残り2368文字(全文2629文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです