メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

2016年を考える イスラムと米国 融和と共生への知恵を

 1909年、韓国統監だった伊藤博文は、ロシアから来たイスラム教徒のアブデュルレシト・イブラヒムを別荘に招いた。遠来の客からイスラム教の話を聞き、一緒に「アラーの他に神はなく(預言者)ムハンマドは神の使徒なり」と朗唱もした。イスラム教徒にとって大切な「信仰の告白(シャハダ)」である。

 元宰相が入信したわけではないが、イスラム教の話に感じ入った伊藤は「なんということ! 承服できないことは一つもない。これは大変気に入った」「私もたえずこうしたものを追求してきました」と語ったという(イブラヒム著「ジャポンヤ」第三書館)。伊藤が暗殺される数カ月前のことだ。

この記事は有料記事です。

残り1667文字(全文1944文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  3. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです