メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

「新年の辞」 正恩氏、核開発触れず 周辺国に配慮か

 【北京・西岡省二】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記は1日、国営報道機関を通じ、今年の国政方針である「新年の辞」を発表した。5月開催の朝鮮労働党大会に言及し、「わが革命の最終勝利を早めるための輝かしい設計図を開く」として住民に意識を高めるよう促した。経済建設と核兵器開発の並行路線には触れず、党大会を前に周辺国との関係悪化を避けたいという姿勢を前面に押し出した。

 経済問題では新たな転換を起こすよう求め、特に経済の4大先行部門(電力、石炭、金属、鉄道運輸)を挙げ…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文646文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです