メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モノのインターネット

IoTで変わる暮らし ものづくりに大転換(その1)

2020年以降の生活をテーマにしたパナソニックのショールーム。キッチンではIoT技術を活用し、冷蔵庫内の食材を使った料理の作り方もアドバイスしてくれる=東京都江東区で、丸山博撮影

 あらゆるモノをインターネットでつなぐIoT(モノのインターネット)が世界で広がりを見せている。車や家電、めがねや時計など身の回りのモノを使って相互に情報がやりとりできるようになることで、新たなサービスや産業を生み出し、人々の暮らしを大きく変える可能性を秘めている。また、工場などにIoTを導入して「第4次産業革命」を目指す動きも各国で活発化しており、「ものづくり」に新時代の到来が期待される。IoTは私たちにどんな未来を見せてくれるのだろうか−−。

この記事は有料記事です。

残り2917文字(全文3142文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

  5. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです