メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

市川月乃助 人生最後の決断に熱く 歌舞伎から新派へ、門出の作品は「糸桜」

市川月乃助さん=関口純撮影

 歌舞伎界から、劇団新派に転じた市川月乃助。新派を背負う二枚目俳優となることが期待されている。門出を飾る作品が、東京・三越劇場で25日まで上演中の「糸桜」(河竹登志夫原作「作者の家」より、齋藤雅文脚本・演出)である。

    ■   ■

 新潟市生まれで、国立劇場の歌舞伎俳優研修修了後に歌舞伎界入りしたのは1988年。前名は市川段治郎。市川猿翁の下で修業を積み、声よし、姿よしの優れた資質を認められ、スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」のヤマトタケル、「桜姫東文章」の権助と清玄などの大役を演じた。

 新派初参加は2011年正月公演「日本橋」の葛木。すっきりとした二枚目ぶりが新派古典によくはまった。…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1205文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 高校野球 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです