メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

病克服し4区力走 悪性リンパ腫、トヨタ紡織・糟谷 「目標は結果出すこと」

ニューイヤー駅伝の閉会式で笑顔の糟谷=前橋市で2016年1月1日、望月亮一撮影

 大病を乗り越え、3年ぶりに上州路の舞台に戻ってきた社会人ランナーがいる。1日に群馬県で行われた全日本実業団対抗(ニューイヤー)駅伝(毎日新聞社共催)に出場したトヨタ紡織の糟谷(かすや)悟(32)だ。2年半前に宣告された血液のがんの「悪性リンパ腫」を克服。エースが集う最長区間の4区(22・0キロ)を任され、「これだけの病気を患っても陸上の舞台に戻れることを伝えたい」と力強く走り切った。

 トヨタ紡織は全43チーム中27位でフィニッシュ。糟谷は区間28位でレース終了後の表情はさえなかった…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  3. あおり運転 イラッときたら怒声器に 大分の僧侶開発
  4. 京都府警 あおり運転、ヘリで監視 高速道、パトと連携
  5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです