メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マイナンバー

制度本格スタート 詐欺、相談急増 通知開始から、41都道府県で261件

 マイナンバー制度の導入に伴い、4日から生活保護の申請など地方自治体の窓口手続きの一部で個人番号の記入が必要になった。運用が始まった一方で、制度に便乗した詐欺被害が各地で相次いでおり、番号を聞き出そうとする不審電話も急増。警察庁は「手続きでお金がかかったり、個人情報を聞き出したりすることは絶対にない」と注意を呼びかけている。【津久井達、池田知広】

 番号通知が始まった昨年10月5日から12月21日までに41都道府県警に寄せられた相談は261件に上…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです