メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

大病克服、4区力走 トヨタ紡織・糟谷

ニューイヤー駅伝の閉会式で笑顔のトヨタ紡織・糟谷=前橋市で2016年1月1日午後3時42分、望月亮一撮影

 大病を乗り越え、3年ぶりに上州路の舞台に戻ってきた社会人ランナーがいる。1日に群馬県で行われた全日本実業団対抗(ニューイヤー)駅伝(毎日新聞社共催)に出場したトヨタ紡織の糟谷悟(32)だ。2年半前に宣告された血液のがんの「悪性リンパ腫」を克服。エースが集う最長区間の4区(22.0キロ)を任され、「これだけの病気を患っても陸上の舞台に戻れることを伝えたい」と力強く走り切った。

 トヨタ紡織は全43チーム中27位でフィニッシュ。糟谷は区間28位でレース終了後の表情はさえなかった…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです