メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇居

三の丸尚蔵館、総床面積3倍に 増築基本構想を発表

皇居・三の丸尚蔵館の新しい展示室のイメージ図=宮内庁提供

 皇室ゆかりの美術工芸品約1万点を所蔵し、調査研究や一般公開している皇居の三の丸尚蔵館(しょうぞうかん)を増築・改修する基本構想が完成し、宮内庁が発表した。総床面積は約3倍の約4800平方メートルとなり、皇居の概要や皇室の歴史などを紹介するスペースも新たに設ける。完成予定は2022年度。

 同館は、皇室から国に寄贈された美術工芸…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです