メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇居

三の丸尚蔵館、総床面積3倍に 増築基本構想を発表

皇居・三の丸尚蔵館の新しい展示室のイメージ図=宮内庁提供

 皇室ゆかりの美術工芸品約1万点を所蔵し、調査研究や一般公開している皇居の三の丸尚蔵館(しょうぞうかん)を増築・改修する基本構想が完成し、宮内庁が発表した。総床面積は約3倍の約4800平方メートルとなり、皇居の概要や皇室の歴史などを紹介するスペースも新たに設ける。完成予定は2022年度。

 同館は、皇室から国に寄贈された美術工芸…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです