メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発週報

12月28日〜1月3日 高線量の2号機にキツネ? /福島

 【12月28日】東京電力は、炉心溶融した福島第1原発2号機の原子炉建屋内にキツネとみられる動物1頭が侵入したと発表した。東電によると体長は約1・3メートルで21日午前6時ごろ、建屋1階の原子炉格納容器の前を計約8分間歩き回っている様子が監視カメラで確認された。その後は、行方が分かっていない。原子炉格納容器の内部にロボットなどを投入する貫通部の付近で、放射線量は床面で最大毎時10シーベルトと極めて高かったが、映像では弱っている様子はうかがえなかった。侵入経路は不明だが、ケーブルなどが通っているために完全に閉まらない扉もあるという。

 【1月1日】東電は、第1原発1、2号機の護岸に掘られた地下水の観測用井戸5カ所で放射性セシウムの濃…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 仙台ドン・キホーテに爆破予告 一時営業休止、買い物客ら避難 不審物見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです