メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

おかみさん・リレーコラム 浅香山部屋・古賀充子さん(48)

古賀充子さん=村社拓信撮影

 今の場所(東京都墨田区)に部屋ができて1年がたとうとしています。「あっという間」という言葉はこういう時に使うんだな、と思うくらい、時間は早く過ぎていきました。

 振り返れば「大関の妻」でいたころの方が大変でした。協会の看板力士であり、たくさんのファンの方々から応援していただきました。晩年は数々の記録もかかっていたので「何かあってはいけない」と毎日緊張感がありました。

 変な体勢で昼寝をしないように声をかけ、腰の負担を減らすため重いものは持たせず、けがの治療では病院まで車で送るなどしていました。当時は夢中でしたが、今思うと「大切なものを預かっている」という気持ちが強かったのでしょう。ほかの力士の奥さんたちも同じような感覚だと思います。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです