サウジ・イラン断交

米露、仲介に動く…早期修復狙う

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
サウジとイランを巡る関係図
サウジとイランを巡る関係図

 【ワシントン和田浩明、モスクワ真野森作】サウジアラビアなどイスラム教スンニ派諸国がシーア派国家イランと断交し、中東で宗派間対立の懸念が高まる中、米国とロシアは4日、仲介に乗り出す方針を表明した。サウジとイランの対立激化はシリアの和平協議や過激派組織「イスラム国」(IS)対策に深刻な影響を与えかねないためで、早期の緊張緩和が不可欠と判断したとみられる。

 米国務省のカービー報道官は4日、ケリー米国務長官がイランのザリフ外相やサウジのムハンマド副皇太子(国防相)と電話協議し、関係修復を呼びかけたことを明らかにした。直接対話の重要性などを説いたという。シリア内戦ではイランがアサド政権、サウジが反体制派を支援している。カービー氏は「(シリアなど)喫緊の問題に対処できるよう、対立回避を進めるべきだ」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文994文字)

あわせて読みたい

注目の特集