メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ・イラン断交

米露、仲介に動く…早期修復狙う

サウジとイランを巡る関係図

 【ワシントン和田浩明、モスクワ真野森作】サウジアラビアなどイスラム教スンニ派諸国がシーア派国家イランと断交し、中東で宗派間対立の懸念が高まる中、米国とロシアは4日、仲介に乗り出す方針を表明した。サウジとイランの対立激化はシリアの和平協議や過激派組織「イスラム国」(IS)対策に深刻な影響を与えかねないためで、早期の緊張緩和が不可欠と判断したとみられる。

 米国務省のカービー報道官は4日、ケリー米国務長官がイランのザリフ外相やサウジのムハンマド副皇太子(…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文994文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫さん「謝罪会見開く」 20日午後、田村亮さんも同席
  2. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  3. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  4. 宮迫さん会見「詐欺の被害者の方々におわび。すべての責任は僕に」
  5. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです