京都市

手話で観光客おもてなし…条例制定へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 観光客でにぎわう京都市が、聴覚障害のある観光客へのおもてなしを想定した「手話言語条例」(仮称)を近く制定する。手話に関する条例は少なくとも32自治体で制定されているが、観光客を対象に含めたものは珍しいという。2月市議会で全会派が賛同して成立する見通しで、市は観光手話ガイドの育成や、国際手話通訳の普…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集