PM2.5

九州北部で高濃度「不要な外出を控えるよう」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
PM2.5の影響でかすむ市街地=北九州市小倉北区で2016年1月4日午後2時40分、矢頭智剛撮影
PM2.5の影響でかすむ市街地=北九州市小倉北区で2016年1月4日午後2時40分、矢頭智剛撮影

 九州北部を中心に4日、健康への影響が懸念され大気汚染につながる微小粒子状物質「PM2.5」が高い濃度を記録した。日本気象協会によると、偏西風によって大陸から流れてくる物質が一因とみられる。

 長崎県は対馬地方で国の暫定指針(1日平均で大気1立方メートル当たり70マイクログラム)を超えると予測したため…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集