メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発信箱

富国強猫と平和=小国綾子

 傍らの仔猫の欠伸(あくび)うつりけり。

 1月号の1面には、イラストレーターの和田誠さんのそんな俳句と絵が載っていた。ふわふわに太った猫がのんびりとあくびしている絵。まるで笑っているみたい。

 「月刊ねこ新聞」は、猫の絵やエッセーが人気のタブロイド判新聞。読者数は約3000人。広告は載せず、読者の購読料と寄付だけで何とかやりくりしている。「世界一文学的で美しい新聞」とニューヨーク・タイムズの日本版で紹介されたこともある。編集長の原口緑郎(りょくろう)さん(75)は創刊翌年、脳出血で倒れたが、車イス生活の中で妻美智代さん(75)と新聞を出し…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文678文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです