メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京の人今日の人

勧修おやじの会会長・中本貴久さん /京都

 中本貴久さん(36)は京都市山科区の父親らでつくる「勧修おやじの会」の会長を務める。最年少の会員ながら、年齢も職業もさまざまな60代までの約50人を引っ張る。「地元を元気にしたい」との共通の思いで、休日は勧修地区を拠点にイベントの企画や手伝いに精を出す。

 長年開かれていなかった市立勧修小学校の夏祭りを復活させようと、8年前に有志10人ほどで集まったのがおやじの会結成のきっかけ。「元々、お祭り好き」な性格で、プロ野球・阪神タイガースの大ファン。20代前半は甲子園球場などでの応援に熱中した。「今度は地元で大人も子供も一緒に楽しめる行事を開きたい」と祭りの企画に乗り…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. 東京の感染者、新たに34人 19日ぶり30人以上 新型コロナ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです