メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水球

リオ五輪県勢第1号の水球男子・志水主将、後輩にエール「夢はかなう」 故郷・熊本市で練習指導 /熊本

 1984年のロサンゼルス大会以来、32年ぶりの五輪出場を決めた水球男子の「ポセイドンジャパン」主将で熊本市出身の志水祐介選手(27)が5日、熊本市南区のアクアドームくまもとで、ドリブルシュートなどを披露した。熊本ジュニア水球クラブと熊本国府高水球部の男女約70人を前に「夢は大きく。そしてかなう」。県勢のリオデジャネイロ五輪第1号はそんな思いを胸にアジア最強のプレーと水球の楽しさを伝えた。

 昨年12月のアジア選手権で優勝し五輪出場を決めてから初めて迎えた新年。志水さんは中学2年の時、熊本…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. 修学旅行の高校生ら130人が集団食中毒か 福岡からスキー研修で新潟へ

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです