メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

大同生命保険 「あさが来た」主人公創業

広岡浅子

 NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」の主人公のモデル、広岡浅子が創業に関わった大同生命保険。1902年、東京、名古屋、北海道の生保3社が合併し、大阪で誕生した。社名は中国の故事「小異を捨てて大同につく」にちなむ。当時は生保の草創期で数十社が乱立。競争激化による経営難を乗り切るための策だった。「営業地域などの違いはあっても一緒に頑張ろうという思いから、大同と名付けられたのだろう」と同社の小川琢磨広報部長は語る。

 大同生命を創業したのは大阪の豪商「加島屋」を営んでいた広岡家だ。明治維新後、銀行や炭鉱など近代的なビジネスに乗り出した同家に対し、名古屋の生保会社が支援を求めた。加島屋当主の久右衛門正秋がこの会社を引き継ぎ、経営安定化のため他社と合併して規模を拡大し生き残る道を選択。大同生命の初代社長となった。

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  5. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです