メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暖冬

湖凍らず冬の風物詩氷上ワカサギ釣りピンチ

氷が十分に張らず、湖岸が立ち入り禁止になっている赤城大沼=前橋市富士見町で2016年1月5日午後3時1分、山本有紀撮影

 暖冬で湖が凍らず、東日本の各地で冬の風物詩の氷上ワカサギ釣りが始まらない事態となっている。冬の最大の収入源を失いかねない状況に、湖畔の観光業者は薄氷を踏む思いで天気図をにらむ日々を送っている。

 ワカサギ釣りの名所として知られる赤城山頂の赤城大沼(前橋市)。今月3日にようやく薄い氷が張ったが、再び気温が上がり、割れて湖岸に流れ着いた。氷が張っていると見間違えないように「立ち入り禁止」の看板が掲げられたままだ。

 2011年の東京電力福島第1原発事故以降、ワカサギの出荷自粛が続き、昨年9月に解除されたばかり。釣…

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1120文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです