メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飲酒運転検挙

アルコール依存症かも…治療勧める大阪府警

アルコール依存症の治療のために服用している抗酒剤を手にする男性=大阪市内で2015年12月23日、加古信志撮影

 アルコール依存症が疑われる飲酒運転の検挙者を対象に、大阪府警が医療機関の受診を促す独自の取り組みを進めている。飲酒事故を繰り返し、府警の勧めで治療を始めた府内の40代男性は取材に「心のどこかで救いを求めていた」と打ち明けた。飲酒で家族や職も失った男性は依存症と闘い続けている。【千脇康平】

 「仕事と家庭のストレスから逃げたい一心だった」

 男性が強くなかった酒に溺れたのは営業マンだった20代後半。職場で退職者が相次ぐほど、上司から厳しい…

この記事は有料記事です。

残り1465文字(全文1684文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです