サウジ・イラン断交

菅官房長官「全当事者が自制を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菅義偉官房長官は5日の記者会見で、サウジアラビアがイランとの外交関係を断絶するなど中東不安が広がっていることについて、「関係悪化を懸念している。地域の安定のためにもすべての当事者が自制し、対話を通じ事態を沈静化させ、平和的に問題を解決することを求めたい」と述べた。今後、外交ルートを通じて両国や周辺…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文291文字)

あわせて読みたい

注目の特集