大相撲

退院の日馬富士が稽古始め 伊勢ケ浜一門

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
退院直後から関取衆と相撲を取った日馬富士(左)=東京都墨田区の友綱部屋で2016年1月5日午前10時30分、岩壁峻撮影
退院直後から関取衆と相撲を取った日馬富士(左)=東京都墨田区の友綱部屋で2016年1月5日午前10時30分、岩壁峻撮影

 大相撲初場所(10日初日、東京・両国国技館)に向けて伊勢ケ浜一門の連合稽古(げいこ)が5日、東京都墨田区の友綱部屋で始まり、白鵬、日馬富士の両横綱、大関・照ノ富士は互いに相撲を取ることはなかったが、それぞれ関取衆と汗を流した。左膝の炎症で入院していた日馬富士は、今年の稽古始めとなった。

 日馬富士はこの日朝に退院したばかりという。膝には菌が入り、点滴と注射で症状を抑えた。…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

あわせて読みたい

ニュース特集