メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知りたいTPP

果樹・野菜、大半関税撤廃 かんきつ類、輸入品と競合

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)では、果樹や野菜のほとんどで関税が撤廃される。影響が比較的大きそうなのは米国などからの輸入品との競合が多いミカンだ。店頭価格が下がって消費者にメリットが見込める一方、生産農家の経営を圧迫する恐れがある。

 温州(うんしゅう)ミカンや夏ミカンなどを総称するかんきつ類の国内生産額は現在年3019億円に上るが、政府は関税撤廃の影響で最大約42億円減少すると試算している。

 温州ミカンの生産量は年約90万トン、イヨカンや夏ミカン、ハッサクなどの生産量は計約33万トン。一方…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです