メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知りたいTPP

果樹・野菜、大半関税撤廃 かんきつ類、輸入品と競合

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)では、果樹や野菜のほとんどで関税が撤廃される。影響が比較的大きそうなのは米国などからの輸入品との競合が多いミカンだ。店頭価格が下がって消費者にメリットが見込める一方、生産農家の経営を圧迫する恐れがある。

 温州(うんしゅう)ミカンや夏ミカンなどを総称するかんきつ類の国内生産額は現在年3019億円に上るが、政府は関税撤廃の影響で最大約42億円減少すると試算している。

 温州ミカンの生産量は年約90万トン、イヨカンや夏ミカン、ハッサクなどの生産量は計約33万トン。一方…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文941文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです