メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国技の現在地

初場所を前に/上 日本出身横綱を待望 賜杯途絶え10年、品格求め

2006年初場所で優勝した栃東。その後、日本出身力士が賜杯を手にしたことはない=松田嘉徳撮影

 「国技」と呼ばれる大相撲では、2006年初場所に大関・栃東(現・玉ノ井親方)が優勝したのを最後に、10年も日本出身力士が賜杯を抱いていない。歴代幕内最多優勝記録を「35」に伸ばした横綱・白鵬らモンゴル勢が実力を発揮する中、日本出身力士は「脇役」に甘んじている。グローバル化や少子化など社会情勢が変わりゆく中、大相撲の「現在地」を探る。

 昨年12月、横綱審議委員会の稽古(けいこ)総見後、守屋秀繁委員長(千葉大名誉教授)は、日本出身力士…

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1170文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです