メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
国技の現在地

初場所を前に/上 日本出身横綱を待望 賜杯途絶え10年、品格求め

2006年初場所で優勝した栃東。その後、日本出身力士が賜杯を手にしたことはない=松田嘉徳撮影

 「国技」と呼ばれる大相撲では、2006年初場所に大関・栃東(現・玉ノ井親方)が優勝したのを最後に、10年も日本出身力士が賜杯を抱いていない。歴代幕内最多優勝記録を「35」に伸ばした横綱・白鵬らモンゴル勢が実力を発揮する中、日本出身力士は「脇役」に甘んじている。グローバル化や少子化など社会情勢が変わりゆく中、大相撲の「現在地」を探る。

 昨年12月、横綱審議委員会の稽古(けいこ)総見後、守屋秀繁委員長(千葉大名誉教授)は、日本出身力士…

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1170文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです