メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国技の現在地

初場所を前に/上 日本出身横綱を待望 賜杯途絶え10年、品格求め

2006年初場所で優勝した栃東。その後、日本出身力士が賜杯を手にしたことはない=松田嘉徳撮影

 「国技」と呼ばれる大相撲では、2006年初場所に大関・栃東(現・玉ノ井親方)が優勝したのを最後に、10年も日本出身力士が賜杯を抱いていない。歴代幕内最多優勝記録を「35」に伸ばした横綱・白鵬らモンゴル勢が実力を発揮する中、日本出身力士は「脇役」に甘んじている。グローバル化や少子化など社会情勢が変わりゆく中、大相撲の「現在地」を探る。

 昨年12月、横綱審議委員会の稽古(けいこ)総見後、守屋秀繁委員長(千葉大名誉教授)は、日本出身力士…

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1170文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  2. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  3. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  4. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです