公明・山口代表

「改憲は時期尚早」…参院選争点にせず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 公明党の山口那津男代表は6日のBSフジの番組で、今夏の参院選で憲法改正発議に十分な勢力の確保を目指す動きについて「いきなり(改憲発議に必要な)3分の2(議席)を取って憲法改正をしようというのは傲慢だ」と述べ、改憲には時間をかけるべきだとの考えを強調した。

 参院選前に改憲項目を絞り込むかについては「…

この記事は有料記事です。

残り67文字(全文217文字)

あわせて読みたい

注目の特集