メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

北朝鮮「水爆実験」 国際包囲網の再構築を

 北朝鮮による核危機が再び引き起こされた。北東アジアの安全保障環境を揺さぶる重大な事態である。

 北朝鮮は政府声明を通じて「初の水爆実験」が成功したと発表した。2006年以降、4回目の核実験だ。水爆だったかどうかは今後の分析を待つ必要がある。水爆だとすれば、破壊力が原爆の数百倍とされるだけに、脅威の水準は今までより格段に上がる。

 さらに北朝鮮は今回、中国に実験の事前通告をしなかった。過去になかったことだ。これまでは米国や韓国との対立状況の中で交渉力を強めるために挑発行為に及ぶというパターンがあったが、今回はそうした点からも唐突な印象が否めない。

この記事は有料記事です。

残り1685文字(全文1959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです