メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「ピーマン」と「パプリカ」の違い

ともにトウガラシの仲間 熟す前に収穫されるから緑色

[PR]

モンゴメリー「いまだに苦手なのヨ」
モンゴメリー「なかなか克服できないのヨネ……」 ケビン「何が?」 モンゴメリー「『ピーマン』ヨォ。子供の頃に嫌いになって以来、ずっと苦手なのヨ」 ケビン「ソウナンデスネ。『ピーマン』を使った料理、たくさんあるじゃナイデスカ」 モンゴメリー「そうヨネ……。『パプリカ』は大丈夫なんだけど」
ケビン「似たようなものナノニネ」 モンゴメリー「確かにあんなに形は似ているのに、食べた感じは全然違うワネ。なんでかしら?」 ケビン「承知シマシタ! 解説シマス」
今回のテーマは「ピーマン」と「パプリカ」です。似た形をしたこれらの野菜にはどんな違いがあるのでしょうか。 「ピーマン」は、ナス科トウガラシ属の野菜で中南米が原産です。 トウガラシの仲間ですが、辛みはありません。 青果店などで売られている「ピーマン」の多くは緑色ですよね。 苦みや青臭さが苦手という人もいるのではないでしょうか。
「ピーマン」が緑色なのは、熟す前に収穫されるからなんです。 「ピーマン」は熟すと赤くなります。 ケビン「『赤ピーマン』として売られていることもアリマスネ」 「パプリカ」も、ナス科トウガラシ属の品種。 同じ仲間ですが、「ピーマン」との違いは主に大きさです。 「パプリカ」の方が大きくて肉厚。 赤、オレンジ、黄色など、色もさまざまで、甘みがあります。 赤パプリカには「ピーマン」の約2倍のベーターカロテンが含まれます。 また、乾燥させて粉末にし、香辛料としても使われる 「パプリカ」もありますが、これは日本で野菜として 流通している「パプリカ」とは、別の品種です。
モンゴメリー「どうやって克服しようかしら……」
モンゴメリー「『ピーマン』をどうやって克服しようかしら……」 ケビン「カレーに入れてしまえばイインジャナイ?」 モンゴメリー「それもそうね。ケビン、ちょっと作ってくれる?」 ケビン「エ、僕が作るノ? 仕方ないデスネ。ごちそうシマス!」
今回のまとめです。 「ピーマン」は、辛みのないトウガラシの一種。 「パプリカ」は、ピーマンより大きくて肉厚。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです