メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
毎日フォーラム・課長補佐時代

国土交通省道路局長 森昌文(56)

もり・まさふみ 1959年奈良県生まれ。東大寺学園高、東大工学部卒。81年建設省入省。米連邦運輸省道路庁、官房技術審議官、近畿地方整備局長などを経て15年7月から現職。工学博士。

仕事の勘どころを学ぶ

 私の課長補佐時代は現在、東日本震災復興の軸となっている三陸沿岸道路建設のための用地買収に明け暮れた現場から復帰後、三つのポストを経験して、役所の仕事の進め方の「勘どころ」を学んだ6年間でした。

 まず、旧建設省建設経済局事業調整官室で、建設副産物のリサイクルの税制、運用を担当した後、道路局高速国道課で、高速道路の料金引き上げを担当して、1年間ひたすら、新規建設に必要な料金引き上げの理由を説明して回る日々を送りました。この時の料金見直しの難儀さから、今後に向けた論理を構築することが求められ、高速道路借入金の償還期間を30年から50年に変更する道筋を探すことになりました。

 有料道路の今後の展開についての答申をまとめた直後に、あの阪神大震災に見舞われました。大災害に対する…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文775文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです