メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・発信

西村和平・兵庫県加西市長

にしむら・かずひら 1955年生まれ。79年神戸大学法学部卒。79年加西市役所入所。2008年国保健康課長。11年加西市長、北条鉄道社長。現在2期目。

歴史を見つめ未来を創る 行政は舞台、演者は市民

 和同6(713)年、全国に「風土記」編さんの詔が出された。しかし、1300年を経て現存する『風土記』は出雲、肥前、常陸、豊後、そして播磨の5カ国のみである。2015年11月、それらの地域が集い「風土記5カ国サミット」が、加西市で開催された。

 12年5月、加西市は「播磨国風土記」記念事業を、風土記研究の連続市民講座から始めたのだが、私たちはその講座を起点として、忘れていた、あるいは見失いつつある「ふるさと」を、次第に見つけ出すことになる。それは、「自慢するほどのものもない」と多くの市民が思っていたふるさと加西に、多くの地域の宝を再発見させる契機となり、市民の心に「新しい風」を吹かせ、「郷土の誇りを萌芽させる機運」をもたらした。

 その風は15年5月、「播磨国風土記一三〇〇年祭」として一つの「形」となった。この日、市内の史跡公園…

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1270文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. 風知草 韓国に「NO」という意味=山田孝男
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです