メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
孤をいきる

5 「ソロ活」で自己肯定感

カップルや家族連れでにぎわうクリスマスイブのイルミネーションを「ソロ活」で楽しむ朝井麻由美さん(中央)=東京・丸の内で、後藤由耶撮影

 昨年12月24日、クリスマスイブの夜。イルミネーションがきらめく東京・丸の内の繁華街は手をつないだカップルや会社帰りの女性のグループなどであふれていた。そんな様子を横目で見ながら1人で歩く気持ちを味わう、フリーライターの朝井麻由美さん(29)は「特につらさとか感じないですね」とサラリと語った。

思うがまま楽しむ

 朝井さんは一人で外出する「ソロ活」の達人として、グルメサイト大手「ぐるなび」と東京メトロが運営する情報サイト「レッツエンジョイ東京」に連載をもっている。ソロ活のソロは英語の「単独」の意味。これまで、「1人ディズニーランド」「1人バーベキュー」など、さまざまなソロ活をリポートしてきた。「ソロ」は、収入を得るためでもあるが、心から標ぼうしている。

 高校までは周囲に合わせていたが、帰国子女が多い大学に進学し、それぞれが自立している様子をみて、1人で行動することが悪くないと悟った。「焼き肉はカルビだけ食べれば幸せなのに、周りに合わせて他の肉も頼むと十分に味わえない」と、1人だからこそ思うがままに楽しめる良さがあるという。

 ただ、精神的につらかったソロ活も。夏に東京湾の納涼船に、浴衣で乗ったとき、グループで来ている他の客たちは周りも巻き込んでワイワイ騒いでおり、一人でぽつんと来ている自分とギャップを感じた。また、1人バーベキューは火をつけられず、近くの客の手を借りてしまい、「技術が伴わないとソロ活は大変」と反省した。

サイトでは好反応

 家族や結婚を否定するわけではない。ただ、「家族がいても1人になりたい時間はあるはず。1人で行動するのは惨めでない。他人の目を気にしないのは、自分で自分を認めていること」とソロ活を推奨し、サイトの読者からは「勇気をもらいました」など好反応だ。

 レッツエンジョイ東京でソロ活コーナーが始まったのは2014年9月。企画担当の金田浩樹さん(34)によると、サイトの利用者は1年で10倍以上になり、男女半々で20代後半から30代が中心だ。「家族や友人がいても、1人の時間がほしいという潜在的需要は高い。1人で行動してもソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でつながっている感じもして、1人ではないと思えるのでは」と分析する。

「結婚式」で祝福

 「ソロ」を楽しむ人向けのサービスは多様化している。

 「ソロウエディングで自分が変わった」と話すのは京都市内に住む、自営業、沢野ともえさん(40)だ。14年、同市の旅行会社「チェルカトラベル」が提供している「ソロウエディング」の第1号として参加した。

 ソロウエディングは文字通り、女性1人だけの結婚式。2日間をかけ、ドレス選び、ブーケ作製、プロによるヘアメークや写真撮影までをする。

 沢野さんは、ただ外見を美しく飾っただけではなく、内面にも大きな変化があった。カメラの前に立ち、胸の前で手を組んだポーズをとると、感動で涙がこぼれた。「これまでの自分の人生に『おつかれさん』とねぎらい、自分で自分を祝福してあげたような気持ちになった。自己肯定感にとてもつながった。今は結婚に興味がない」と話す。

 かかった費用は約30万円。海外旅行の資金に、と働いてためていたお金を使ったが、「有意義な使い方をした」と振り返る。

 同社によると、申込者の約7割が未婚女性。「結婚に興味はないが、ウエディングドレスに強い憧れがある」といった女性が多い。

介護などでリスク

 1人暮らしからの相談が多い行政書士の佐川京子さん(57)は「旅館、バス旅行など、1人で利用できるものが増えている。家族がいないと可処分所得も増え、利用しやすい」と分析。その一方で、「年を取ると体が動かなくなったり、介護や相続で家族持ちの兄弟から負担を押しつけられたりすることもある」とリスクも指摘している。=つづく

女性の支出は多様

 総務省統計局の全国消費実態調査によると、単身世帯の2014年10、11月の月間平均消費支出は、男性が17万2278円、女性が16万7163円だ。使い道別では、男性は食料が4万4279円と最も多く、女性は交際費などの「その他の消費支出」が3万8199円で最多だった。勤労者世帯に限ると収入は男性が多いものの、支出は女性が多くなる。

 年代別でみると、男女とも50代が最も支出が多かった。使い道でみると、40歳未満では男女とも多い住居費が、年を取るにつれ減る一方、保健医療費は増えていく。「その他」も40歳未満が最も少なく、中高年やシニアの活発な様子が分かる。また、「その他」が女性がどの年代でも男性を上回っており、女性のほうが多様な支出をし、社会性のある様子がうかがえる。

候補者を探す

党派別当選者数

 (改選) 選挙区 比例 当選
自民(67) 38 19 57
立憲(9) 9 8 17
公明(11) 7 7 14
維新(7) 5 5 10
共産(8) 3 4 7
国民(8) 3 3 6
社民(1) 0 1 1
れ新(-) 0 2 2
N国(-) 0 1 1
希望(1) - - -
諸派(2) 0 0 0
無属(3) 9 0 9
計(117) 74 50 124