メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小さな里に大きな宝

/5 富士川町鰍沢地区 120年経て「本菱」目覚め 参加型の酒造り、町も育てる /山梨

「まちいくふじかわ」について話し合う(左から)深沢さん、名執さん、中込さん

 約120年前に消えた地酒で富士川町の町おこしができないか−−。東京都目黒区で広告制作などを手がける会社「むすび」を経営する同町出身の深沢了さん(37)は、かつて江戸時代末期から明治期に実家で醸造していた日本酒「本菱(ほんびし)」を復活させることを思いついた。3月以降、町内外の人が参加できる日本酒の開発プロジェクトに取り組む。

 先祖は旧鰍沢町の造り酒屋だったと聞いていた。地域には深沢姓が多く、深沢さん自身は子どもの頃、「裏門…

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1185文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 織田信成さんが関大コーチを提訴「悪弊へ一石投じる思い」

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです