メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県警

「暴力団壊滅、手緩めず」 吉田本部長が抱負 年頭会見 /福岡

年頭視閲で部隊点検をする吉田県警本部長(手前)=野田武撮影

 県警の吉田尚正本部長は7日、博多区の県警本部で年頭記者会見を開いた。特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)など暴力団の関与した疑いがある未解決事件が多くあることに触れ「対策は道半ば。暴力団壊滅に向け手を緩めない」と抱負を語った。

 県警によると、昨年の県内の刑法犯認知件数(暫定)は約5万500件で13年連…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  4. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです