メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2016くまもと申物語

/5止 玉東・木葉猿 素朴な玩具、次世代に 1300年の伝統守り続ける一家 /熊本

木葉猿を作り続ける(左から)永田さんと川俣早絵さん、英津子さん

 今から約1300年前の奈良時代初期に玉東町木葉地区で生まれたという木葉猿。魔よけや安産、子孫繁栄の守り神とされてきた郷土玩具で、素朴でユーモラスな表情や仕草で見るものを引きつける。この地で伝統を守り続ける木葉猿窯元の7代目、永田禮三さん(78)は、受け継がれた技を絶やすまいと、妻英津子さん(72)と三女、川俣早絵さん(35)と共に土と格闘する日々を送っている。

 禮三さんによると、木葉猿の起源は723(養老7)年の元旦にさかのぼる。京都から木葉の里(現在の玉東…

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1040文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです