メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工場進出

天然水の「スパーク」、3月から操業開始 宇佐・院内 /大分

 清涼飲料製造の「スパーク」(本社・東京、村松和由社長)が宇佐市院内町に工場を進出し、3月からミネラルウオーターを製造する。同町にある電装会社の跡地を借り、宇佐工場(約7000平方メートル)として操業。当初は現地雇用の従業員5人でスタートし、年間5万本(1本8リットル入り大型ペットボトル)を出荷する予定だ。水を定期購入すると、温冷水のウオーターサーバー(卓上と床置き型)を無料で貸し出す。3本で…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  2. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  3. 北関東の豚盗難に関与か、ベトナム人宅を家宅捜索 2人を入管法違反容疑で逮捕

  4. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです