メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

日本のテロ対策

 過激派組織「イスラム国」(IS)が世界を恐怖に陥れている。テロリストらによる無差別虐殺がフランスなどで相次ぎ、日本に対しても「悪夢が始まる」と宣言する。今年5月には主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)が開かれ、2020年には東京五輪・パラリンピックが開催されるなど、各国の要人たちがこの地を踏む。果たして、日本のテロ対策は万全なのだろうか。

この記事は有料記事です。

残り4395文字(全文4565文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  2. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  3. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  4. ホンダ11年ぶり決勝進出 タイブレークで佐藤が満塁弾 セガサミー降す 都市対抗

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです