メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・暴力団

離脱組員、過去最多127人 4割は工藤会

 福岡県警は8日、昨年1年間で県警が支援して離脱した暴力団組員数が1992年に統計を取り始めて以降、過去最多の127人に上ったと発表した。2014年(65人)の約2倍で、全国的にトップクラスの離脱者数という。約4割は特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)の組員だが、同会以外の離脱も相次いでおり、県警は同会トップを逮捕した「頂上作戦」の影響が他の暴力団にも波及しているとみる。

 昨年の離脱者数は14年までの年平均約27人と比べると約5倍に達する。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  2. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  3. 「感染拡大なら一斉休校を」専門家会議が検討要請 新型コロナ、3地域に区分

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 北九州市で21人の感染確認 新小文字病院のスタッフ17人陽性、外来など停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです