メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・暴力団

離脱組員、過去最多127人 4割は工藤会

 福岡県警は8日、昨年1年間で県警が支援して離脱した暴力団組員数が1992年に統計を取り始めて以降、過去最多の127人に上ったと発表した。2014年(65人)の約2倍で、全国的にトップクラスの離脱者数という。約4割は特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)の組員だが、同会以外の離脱も相次いでおり、県警は同会トップを逮捕した「頂上作戦」の影響が他の暴力団にも波及しているとみる。

 昨年の離脱者数は14年までの年平均約27人と比べると約5倍に達する。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 兵庫、来月1日休業解除方針 新生活習慣「ひょうごスタイル」も公表

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです