メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京電力

家庭向け新プラン2年契約で最大5%引き

 東京電力は7日、4月から始まる家庭向け電力小売り自由化に向けた新料金プランを発表した。3月末までに2年契約を結んだ場合、現行料金に比べて実質的に最大約5%割り引き、2年で2万9300円相当安くなる。東電は首都圏などの電力供給を独占してきたが、自由化に伴って新たに参入する事業者(新電力)が相次いで割安プランを打ち出しており、これに対抗する狙いだ。

 ただ、東電によると、5%割引の対象となるのは、電力使用量の多い家庭に限られ、東電の加入全世帯約2000万軒の1割程度。利用が多いと見込まれる標準的なプランは年約1000円相当の割引で、割引率は約1%にとどまる。

この記事は有料記事です。

残り1610文字(全文1890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. コロナ交付金で「感染差別根絶の鐘」はあり? 佐賀県議会で激論に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです